風俗で俺の息子を披露

文句なしの「娯楽」です

風俗は娯楽です。これに関しては文句なしでしょう。やはり楽しい時間であればあるほど、やっぱり楽しいなって感じられるというか、お金を支払って良かったなって感じれるじゃないですか。お金を払った分の満足感も得られないようでは、また遊ぼうとかも思わないし、むしろ二度と遊ばない…みたいな気持ちになると思うんですけど、風俗で遊んだ時にはそういった気持ちが起きないのは不思議ですよね。それだけ楽しいからこそなのかもしれないんですけど、風俗ってなんでこんなに面白いんでしょうね(笑)よくよく考えると、やっぱり自分の理想の相手を選べるからなのかもしれません。選べるってことがポイントで、普通に生活を送っている範囲では女の子を偉ぶってことそのものが非日常じゃないですか。でも風俗で遊んでいれば相手を指名出来るのは特に不思議なことではないんです。むしろ当たり前のことなので、いつでも自分の中でモチベーションを高められるんですよ。

じっくり楽しみたい。だからです

なるべく120分以上で楽しむようにしています。風俗では時間設定が多々ありますけど、短時間だとまったりって訳には行かないじゃないですか。どうしても時間的に焦らなければならない部分も出てくるんです。これは仕方ないと思うんですけど、それなら焦るような時間設定にするのではなくて、焦らなくても良い時間設定で楽しめば良いじゃないですか。それが自分の中では120分ということですね。風俗の時間設定はお店によって微妙に異なりますけど、何度も遊んでいるうちに自分のペースも見えてくるじゃないですか。自分にとってのオーソドックスな時間は60分なんです。これ以下だとさすがに焦るので、これ以上。そして、まったりとなれば120分くらいが良いかなってことに気付くようになりました。これを一つのベースにすることによって、実際にどれだけの時間を楽しめるのかが変わってくるので、何気にとっても重要な部分なんじゃないのかなと思っています。