風俗で俺の息子を披露

新人がとっても良かった理由とは

もしかしたら初めてかもしれませんが、新人風俗嬢との時間を楽しんできたんですよ。あまり記憶にないんですよね。だから自分の風俗人生の中で初めてかもしれませんが、新人が好きだという人の気持ちが少しだけわかったような気がします。とにかく全てが初々しかったです。そこに興奮したんですよ。例えば服を脱ぐとき。慣れている風俗嬢なら裸を見られても特に何も思わないじゃないですか。でも彼女、脱いだ後大切な部分はしっかり隠していたんですよね。そういった所に初々しさというか、風俗嬢としての初々しさよりも一人の女の子として、まだまだそこまで男性経験が少ないのかなと言う気持ちが、自分の心に火を付けてくれたんですよね(笑)常に自分の胸を気にしていましたけど、その仕草はまだまだ初々しさと言うか、それこそ「処女です」と言われても信じることが出来るんじゃないのかなと思うような存在感は、最高に楽しむことが出来たので新人も悪くないなと。

攻め方が上手だからこその快感

風俗嬢がどういった形攻めてくれるのかは女の子の力量というか、女の子次第じゃないですか。女の子とすれば良かれと思って攻めてくれているのは間違いないんですけど、それが男がどれだけ気持ち良いのかは男の性癖にもよりますよね。だからこそ、攻撃の相性の問題もあると思いますけど先日お世話になったE嬢、かなりのテクニシャンでしたね。攻撃そのものがとても上手だったんです。あれだけ上手な風俗嬢となると、性感マッサージの女の子たち暮らしか思い浮かばないレベルですね。それくらい本当に素晴らしいレベルの女の子だったんです。やっぱり攻めるのが上手だとこっちは気持ち良いんです。満足感も高まりますし、オーソドックスに攻めてもらうだけでも気持ち良いんですけど、緩急を付けたり強弱、リズムの変化など、細かいことまでいろいろと考えてくれているのが良く分かりました。つまりは彼女は狙ってそこまでしてくれているってことなので、本当に気持ち良かったです。